花屋に転職するなら研修制度のあるお店

花屋

社会経験を積んでから、今までの職場とは全く関係ない花屋へ転職を希望する場合は、研修制度を設けているお店が安心です。
花屋は特別な仕事が必要なわけではありませんが、未経験でいきなり正社員として採用される事は稀で、まずはアルバイトの募集に応募し、経験を積んだ後にそのまま同じ職場で正社員として採用される場合もありますし、正社員登用がない場合は、別の職場の正社員へ応募するといった方法をとる方が確実です。
花屋は園児達の将来の夢トップ3に君臨するほど、夢のある人気の職業で花を売るだけでなくブーケを作ったりと華やかなイメージですが、現実の仕事はきつい、汚い、給料が安いの3Kと言われる程大変な仕事でもあります。
その理由はまず第一に花を枯らさないように常に気を配らなければならないという点です。
水やりを忘れる、もしくはやりすぎても花は枯れてしまいます。
売り物の花を枯らしてしまうと損失にしかなりませんので、仕入れを任されると在庫状況にも常に気を配らなければなりません。
花は繊細であるため管理が難しく、種類も無数にあります。
働く以上は店舗で扱っている花それぞれの特徴を覚え、お客様にも説明する義務があります。
それから花の手入れには薬剤を使う事もありますので、手が荒れる人も多く、体質的に合わない人は続ける事が難しくなります。
特に肌の強い人でさえ、毎日の手入れを怠ると荒れてきます。
また、商品が自然の花ですから、周辺にいる虫が寄ってきてつくことも多いため、素手で触ったり除去したりしなければならない事もでてきます。
そういったあまり知られていない花屋の裏の顔を研修を受けて知った上で働いた方が効率よく働けますし、まず本当に花屋に転職したいかどうかを見極めてからでも遅くはありません。