職業訓練校ってどんなことをするの?

職業訓練校の教室

職業訓練校は国が支援している学校のことで、休職中の人に転職するための知識や技能を身につけて再就職に繋げてもらうための学校のことです。
テキスト代などの負担がある場合もありますが、基本的には無料または低価格で様々な職業訓練を受けられます。
また、失業保険の受給資格者は交通費も上限はありますが支給を受けられます。
さらに、受講手当として毎日500円を上限40日間分支給されます。
期間は3か月から1年程度のものが多く、訓練の学校や内容、受給者の状況によっては給付金を受けながら学校に通うことも出来ます。

訓練内容は多種多様で、パソコンの基礎やWEBクリエイター、インテリアデザインやネイリストなどですが住んでいる地域によって受けられる講座の内容が違うので近くのハローワークで確認が必要になります。
訓練内容は、パソコンならビジネス文章の作成や表計算、プレゼンテーションソフトを使用した実務についての知識や技能の習得を目指します。
ネイリストなら、ネイルの基礎知識やジェルネイルの基礎知識・接客マナー、コミュニケーションの基礎知識を学習します。
このように、学校で学ぶというよりも転職をするために即戦力になれる知識と技能を身につけることを目的としています。
コースによっては条件を満たすことで自動的に国家資格を得られたり、卒業後に資格を取得する場合でも実地試験が免除されるコースもあります。
訓練学校は様々ですが、時期によって開講される講座が違ったりもするので自分の興味のある受けたい講座を時間をかけて探しましょう。

職業訓練校は無職であれば受けられますが、失業保険をもらいながら受けたい人は失業保険がもらえる訓練かを確認することが必要です。